千葉市・八千代市でアロママッサージ

ブログ

口内炎にはメディカルアロマ

2017年9月23日

秋が深まり夏の疲れが出やすい時期体調の変化を訴えるお客様が増えて居ります。

私も、家族の介護から睡眠が途切れ途切れになって居た時期から口内炎に悩まされて居りました。

口内炎は様々な原因で起こりますが、食べ物で不足した栄養を補えるのです。以下は口内炎に対する食品です。
細菌に対抗するための粘液をつくるために、皮膚や粘膜を守る「ビタミンB2」、皮膚や粘膜の健康を維持してくれる「ビタミンB6」の摂取を日頃から心がけましょう。

ビタミンB2を豊富に含む食材としては、レバー、海藻、青魚、ウナギ、納豆、卵、乳製品などが挙げられます。

ビタミンB6を豊富に含む食材としては、レバー、ニンニク、バナナ、鶏のササミ、マグロ、カツオなどが挙げられます。

朝バナナを食べたり、味噌汁にワカメを入れるなど、日々の生活で意識してみてくださいね。

と有りますが、食べるものは満遍なく食べて居ても睡眠不足から起こることは大きいです。
質の良い睡眠を取るためにもメディカルアロマが役立ちます。
お勧めはラベンダー♪ラベンダーはリラックス効果が有りますので緊張感やイライラを緩和させます。

口内炎の傷にはティートリー♪ティートリーをうがい液として使いお口の中の殺菌を行えます。
痛い患部に塗布する事も出来ます。
少し苦味が有りますが爽やかな感じがお口に広がり口内炎の改善にとても役立ちます。

メディカルアロマはご家庭の薬箱として是非揃えて置きたいですね。